コピペで使えるCSSコードを公開しています。

CSSのコピペだけ!おしゃれな見出しのデザイン例まとめ68選

とても参考になります。


Amazonから『HTML』で検索してみました。

スッキリわかるJava入門 第2版 スッキリわかるシリーズ

Kindle版
※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

 購入前にお使いの端末で無料サンプルをお試しください。

大手ネット書店部門ランキング1位の大人気Java入門書に改訂版登場!
本書は、Javaの基礎から初学者には難しいとされるオブジェクト指向まで、膨らむ疑問にしっかり対応し、Javaプログラミングの「なぜ?」がわかる解説と約300点の豊富なイラストで、楽しく・詳しく・スッキリとマスターできる構成となっています。
「なんとなくJavaを使っているけれど、オブジェクト指向の理解には自信がない」「学習の途中で挫折してしまった」という方にもおススメです。
プログラミング学習のネックとなる「開発環境の準備」と「多発するエラーへの対応」には、ブラウザ上でコーディング、コンパイル、実行ができる仮想開発環境「dokojava」を読者特典として用意し、エラーによく効く「虎の巻」を巻末付録として用意しました。
本書でぜひ、Javaプロフェッショナルへの第一歩を踏みだしてください!

Vue.js入門 基礎から実践アプリケーション開発まで

単行本(ソフトカバー)
¥ 3,650

Webを支える技術 ―― HTTP,URI,HTML,そしてREST WEB+DB PRESS plus

Kindle版
(概要)
Webは誕生から20年で爆発的な普及を果たし,17億人のユーザと2億台のサーバを抱える巨大システムへと成長しました。Webがここまで成功した秘密は,その設計思想,いわゆるアーキテクチャにあります。Webのアーキテクチャ,そしてHTTP,URI,HTMLといったWebを支える技術は,Webがどんなに巨大化しても対応できるように設計されていたのです。
私たちが作る個々のWebサービスも,Webのアーキテクチャにのっとることで成功へとつながります。Webのアーキテクチャに正しく適応したWebサービスは,情報が整理され,ユーザの使い勝手が向上し,ほかのサービスと連携しやすくなり,将来的な拡張性が確保されるからです。
本書のテーマは,Webサービスの実践的な設計です。まずHTTPやURI,HTMLなどの仕様を歴史や設計思想を織り交ぜて解説します。そしてWebサービスにおける設計課題,たとえば望ましいURI,HTTPメソッドの使い分け,クライアントとサーバの役割分担,設計プロセスなどについて,現時点のベストプラクティスを紹介します。

(こんな方にオススメ)
・Webサービス(Webアプリケーション/Web API)の設計・開発に携わる方
・Webのしくみや動作原理を知りたい方

(目次)
第1部 Web概論

第1章 Webとは何か

第2章 Webの歴史

第3章 REST ── Webのアーキテクチャスタイル

第2部 URI

第4章 URIの仕様

第5章 URIの設計

第3部 HTTP

第6章 HTTPの基本

第7章 HTTPメソッド

第8章 ステータスコード

第9章 HTTPヘッダ

第4部 ハイパーメディアフォーマット

第10章 HTML

第11章 microformats

第12章 Atom

第13章 Atom Publishing Protocol

第14章 JSON

第5部 Webサービスの設計

第15章 読み取り専用のWebサービスの設計

第16章 書き込み可能なWebサービスの設計

第17章 リソースの設計

Webを支える技術 -HTTP、URI、HTML、そしてREST (WEB+DB PRESS plus)

単行本(ソフトカバー)
¥ 2,776

いちばんやさしいWordPressの教本第3版 人気講師が教える本格Webサイトの作り方 (「いちばんやさしい教本」)

単行本(ソフトカバー)
¥ 1,706

HTML&CSSとWebデザインが 1冊できちんと身につく本

大型本
¥ 2,462

HTML&CSSとWebデザインが 1冊できちんと身につく本

Kindle版
(概要)
「4つのレイアウトパターン」と「レスポンシブデザイン」を実際に手を動かして作りながらサイト制作の基本が学べる

本書はWeb制作の基礎言語であるHTMLやCSSの書き方だけでなく,多くのWebサイトが採用している4つのレイアウト手法を学ぶことで,1冊を読み終えると各言語の知識とWebデザインの基礎が身につく作りとなっています。Webデザインの新しい手法を積極的に紹介しつつ,実際の制作現場で使われている堅実な手法もバランスよく取り入れ,学習用ではない「現場で役に立つ」実践的なテクニックを数多く盛り込みました。また,Webサイト制作を楽しく学ぶため,サンプルサイトの見映えにもこだわりました(完成後は手を加えて読者のプロフィールサイトとして利用可能)。ライブ感のあるチュートリアル学習により,まるでWebデザイン会社でOJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)を受けているような体験型の独習書です。サンプルデータのダウンロードサービス付き。

(こんな方におすすめ)
・はじめてHTMLやCSSを学び,これからサイト制作をはじめる方
・超初心者ではないが未経験からWebデザイナーを目指している方

(目次)
Chapter1 知っておきたいサイトとデザインのきほん知識

Chapter2 サイト制作の前に準備しておくこと

Chapter3 知っておきたいHTMLのきほんと書き方

Chapter4 知っておきたいCSSのきほんと書き方

Chapter5 フルスクリーンページを制作する

Chapter6 シングルカラムページを制作する

Chapter7 2カラムページを制作する

Chapter8 グリッドレイアウトページの制作と動画の埋め込み

Chapter9 問い合わせページを制作する

Chapter10 マルチデバイス対応ページを制作する

Webディレクションの新・標準ルール 現場の効率をアップする最新ワークフローとマネジメント

Kindle版
※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

〈電子書籍版に関する注意事項〉
本書は固定レイアウト型の電子書籍です。リフロー型と異なりビューア機能が制限されるほか、端末によって見え方が異なりますので、ご購入前にお使いの端末にて「無料サンプル」をお試しください。

【限られた時間で最大限の効果を出すノウハウがわかる!】

本書はWebサイトのディレクションに関する最新のトピックやノウハウを解説した書籍です。最近のWeb制作における「ワークフローとマネジメント手法の変化」を下敷きにしながら、「企画」「設計」「制作・進行管理」「運用・改善」のフェーズに沿って、ディレクションを担う方に必ず知っていただきたい内容を掲載しています。

本書の特長は2つ。1つ目は、Web業界の第一線で活躍するバラエティに富んだ著者陣が執筆している点。掲載しているノウハウは机上の空論ではなく、著者のみなさんが実際のプロジェクトで培ってきた実践的・具体的なものです。2つ目は、上流工程に重きを置いている点。制作フェーズの進行管理だけがディレクションではありません。プロジェクトが進むにつれて曖昧になりがちな点を上流工程でどのように固めるか、後工程で目的からブレ出したときや遅れが発生したときに、どうやって軌道修正していくか、そこに多くのボリュームを割きました。

ディレクションを行う方だけではなく自社サイトを運営するWebマスターの方など、Webのプロジェクトにかかわるすべての方に読んでいただきたい内容になっています。

〈こんな場合にオススメ〉
・Webのトレンドや最新ツールに関する情報がほしい
・ディレクションが機能せず、プロジェクトが思うように進まない
・チーム内でメンバー同士のコミュニケーションが上手くいかない
・制作フェーズで「手戻り」が頻繁に発生してしまう
・PDCAサイクルがPlan→Do→Planの繰り返しになってしまう

〈こんな方にオススメ〉
・Web制作のディレクションを担当する方
・Webサイトの企画提案・設計・デザインを行う方
・自社サイトを運営するWebマスター

〈本書の章構成〉
CHAPTER 1 ディレクションの目的と役割
CHAPTER 2 企画
CHAPTER 3 設計
CHAPTER 4 制作・進行管理
CHAPTER 5 運用・改善

体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 第2版 脆弱性が生まれる原理と対策の実践

単行本
¥ 3,456

イラスト図解式 この一冊で全部わかるWeb技術の基本

単行本
¥ 1,814